CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< FDAがアルツハイマー病治療薬開発に関する新たなガイダンス | main | ノボノルディスクの経口投与剤セマグルチドの第3相試験が成功 >>
FDAがPD-L1抗体デュルバルマブの肺がん適応を承認
0

    Reutersの「AstraZeneca's immunotherapy drug wins key lung cancer approval」からです。現地時間17日の配信ニュースです。

     

    アストラゼネカのPD-L1抗体デュルバルマブ (durvalumab: Imfinzi)が局所進行切除不能非小細胞肺がん治療薬としてFDAから承認されました。

     

    デュルバルマブは昨年、既治療進行膀胱がんとしてFDAから迅速承認を取得していました。しかしながら、進行膀胱がんの市場規模は大きくないため、今回の承認はアストラゼネカが待ち望んでいたものです。

     

    承認のベースとなった試験(PACIFIC試験)では、プラセボ群のPFS(無増悪生存期間)が5.6ヵ月(中央値)だったのに対して、デュルバルマブ投与群では16.8ヵ月と有意にPFSを延長した結果が示されていました。

     

    | 免疫チェックポイント阻害薬 | 20:37 | comments(0) | - |