CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< C型肝炎治療薬の市場規模は縮小傾向にある | main | アマゾンが実店舗として薬局経営にも乗り出すのか >>
米国連邦控訴裁判所がプラルエントに関するサノフィ/ Regeneronの主張を支持した
0

    Reutersの「U.S. court reverses ban on sale of Regeneron, Sanofi cholesterol drug」からです。

     

    アムジェンのレパーサ(Repatha)およびサノフィ/ Regeneronのプラルエント(Praluent)は、昨年アメリカで承認されたPCSK9阻害薬です。

     

    プラルエントがレパーサに関する特許侵害をしているとして、アムジェンが2014年に地方裁判所に提訴し、2016年にアムジェンの特許が有効であるとの判断が下されていました。

     

    この後の経緯を調べきれていないのですが、この裁判の後に、プラルエントの販売停止(sales ban)を勝ち取っていたようです。サノフィ/ Regeneronは、これを不服として米国連邦控訴裁判所に控訴していましたが、サノフィ/ Regeneronの主張が認められたようです。

    | 高コレステロール血症 | 23:24 | comments(0) | - |