CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< キイトルーダ今後の成長の予測において考慮すべきポイント | main | C型肝炎治療薬の市場規模は縮小傾向にある >>
アメリカ人女性の乳がんによる死亡率が40%減少した
0

    The Washington Postの「Breast-cancer death rate drops almost 40 percent, saving 322,000 lives, study says」からです。

     

    アメリカ癌協会(American Cancer Society)は、2015年の乳がん死亡率が1989年と比べて40%低下したことを報告しました。32万人強の命が救われた計算になります。この減少は、治療薬の進歩およびマンモグラフィーによる早期発見が寄与したとしています。治療薬として、術後補助療法としての化学療法レジメン、ホルモン製剤タモキシフェンの開発、そしてハーセプチンの登場があったと。

     

    しかしながら、これだけ死亡率が減少しても、乳がんはアメリカ人女性のがん死において2番目に多いがんであり、昨年は4万人以上が乳がんで亡くなっています。

    | 乳がん | 21:44 | comments(0) | - |