2017年中に特許切れとなる主な医薬品
0

    INVESTOPEDIAの「5 Drug Patents Expiring in 2017 (NVS, GSK, LLY)」からです。2017年中に特許切れとなる主な医薬品について書かれているので紹介します。

     

    Sandostatin LAR(サンドスタチンLAR

    日本では、消化管神経内分泌腫瘍などの効能効果で承認されています。

     

    Cubicin(キュビシン)

    日本で承認されている効能効果は、敗血症、感染性心内膜炎、深在性皮膚感染症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染です。

     

    Reyataz(レイアタッツ)

    日本では、HIV-1感染症の効能効果で承認されています。

     

     Vytorin(日本未発売)

    脂質異常症の治療に用いられるエゼチミブ/シンバスタチンの配合剤です。

    IMPROVE-IT試験の被験薬です。

     

    Strattera(ストラテラ)

    日本では、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の効能効果で承認されています。

     

    個人的にはあまり馴染みがない(あまり耳にしない)薬がありますが、みなさまは如何でしょうか。

    | 製薬会社関連 | 07:36 | comments(0) | - |
    | 1/717PAGES | >>